SWOT分析|Lit(リット)株式会社|戦略立案から施策実行まで総合的なマーケティング支援

SWOT analysis
SWOT分析

SWOT分析
SWOT analysis

SWOT(スウォット)分析は、経営戦略の策定において、内部環境と外部環境におけるプラス面とマイナス面を評価するための現状分析手法です。

この手法では、「SWOT」という頭字語が用いられ、内部環境と外部環境の要因を示します。内部環境は自社内部の要因を指し、外部環境は市場や競合他社など、自社に影響を及ぼす外部要因を指します。

内部環境
S:強み(Strength)自社や自社製品・サービスに好影響を与える内部環境の要素
W:弱み(Weakness)自社や自社製品・サービスに悪影響を及ぼす内部環境の要素

外部環境
O:機会(Opportunity)自社や自社製品・サービスに好影響を与える外部環境の要素
T:脅威(Threat)自社や自社製品・サービスに悪影響を及ぼす外部環境の要素

SWOT分析は古典的な手法でありながら、依然として非常に有用であり、経営戦略を策定する際に広く活用されています。この手法は、客観的に現状を評価し、全体像を把握するのに役立つため、時代遅れではなく、基本的な分析ツールとして価値があります。

SWOT分析

SWOT分析
SWOT analysis

SWOT分析は、自社や自社製品、外部環境に対する現状把握と将来の計画立案のために役立つツールです。

SWOT分析を実施する前に、まず明確な目的や目標を設定することが重要です。分析の目的を共有することで、戦略の方向性を明確にし、後続のマーケティング戦略の策定をスムーズに進めることができます。

また、SWOT分析ではポジティブな要因だけでなく、ネガティブな要素にも焦点を当てることが重要です。ネガティブな要素を考慮することで、今後の改善点や課題が浮かび上がります。この分析を通じて、「現在の位置はどこか?」という自社の立ち位置を把握するのに役立ちます。

SWOT分析

SWOT分析を行う手順

SWOT分析の手順は以下の3段階で行います。

1.内部環境の分析
2.外部環境の分析
3.クロスSWOT分析の実施

SWOT分析の手順は、内部環境と外部環境をそれぞれ評価し、最後に両方を組み合わせるという流れで進行します。
以下では、SWOT分析の実施手順について詳しく説明します。

1.内部環境の分析

SWOT分析の手順は、まず最初に内部環境の分析を行います。

内部環境とは、自社内に存在する経営に影響を与える各種要素を指します。
このステップでは、自社の強みと弱みをそれぞれ評価し、それぞれを整理します。以下は、内部環境の要素の例です。

内部環境の要素の例

・消費者の認知やブランド
・品質や価格
・立地
・人材の数や質
・ノウハウ
これらの要素は、自社内で実際に存在する「状態」や「事象」を指します。個人の主観的な意図や感情ではなく、客観的な要素に焦点を当てるようにしましょう。

次に、強み(Strengths)を見つけるために論理的なフレームワークを活用することができます。自社の強みは、売上や信頼性など、自社内でのポジティブな要因をピックアップすることで見つけやすくなります。ブランド力やノウハウなどが一般的な強みの例ですが、業界や自社固有の視点からも強みを探しましょう。

S:強み(Strength)の例

・通り沿いの店舗での優れた立地
・高品質な原料の使用
・長年培ったノウハウと豊富な人脈

一方で、弱み(Weaknesses)を見つけるためには、自社内での課題をピックアップします。

W:弱み(Weakness)の例

・製品やサービスの品質が低い
・製品やサービスの価格が高い
・知名度が低い
弱みを見つける作業は、自社内での課題や問題を把握するための機会でもあります。
個人の主観的な意見ではなく、客観的な課題を探すことに焦点を当て、事前に「客観的な分析を行う」という目的を共有しておくことが重要です。

内部環境分析をより論理的に進めるために、4C分析や4P分析などのフレームワークを活用することもできます。
これらのツールは、内部環境を評価する際に役立つ論理的なアプローチを提供します。

内部環境分析でよく活用される分析手法

内部環境分析を効果的に進めるために、以下は代表的なフレームワークの例です。
これらのフレームワークを活用することで、内部環境の分析が論理的に行いやすくなります。以下はその例です。

4C分析

4C分析は、顧客が商品購入までのプロセスに影響を与える4つの要素を、顧客の視点から考え、最適なアプローチ方法を分析する手法です。
4つのCは以下の通りです。

・顧客価値(Customer Value)
・コスト(Cost)
・利便性(Convenience)
・コミュニケーション(Communication)

4C分析はこちらから

4P分析

4P分析は、企業が顧客ニーズに対応した製品やサービスを提供するために、企業目線で考える分析手法です。
4つのPは以下の通りです。

・製品(Product)
・価格(Price)
・流通(Place)
・販促(Promotion)

4P分析はこちらから

これらのフレームワークを活用することで、内部環境を論理的に評価し、戦略策定に役立つ情報を得ることができます。

2.外部環境の分析

次に、外部環境の分析を行います。

外部環境は、自社外に存在し、自社に影響を与える各種要素を指します。
このステップでは、外部環境からの「機会」と「脅威」の視点から要素を洗い出し、それぞれを整理します。以下は、外部環境の要素の例です。

SWOT分析の手順は、まず最初に内部環境の分析を行います。

内部環境とは、自社内に存在する経営に影響を与える各種要素を指します。
このステップでは、自社の強みと弱みをそれぞれ評価し、それぞれを整理します。以下は、内部環境の要素の例です。

外部環境の要素の例

・業界全体の市場規模と成長性
・国内経済の状況
・流行や話題性
・周辺の環境
・競合企業の動向

外部環境には、業界全体の市場規模や国内経済の状況といった大規模な要素から、競合企業の動向のような詳細な要素までさまざまなものが含まれます。
視点を広げることで、多くの要素が発見される可能性が高まりますので、多角的な視点を持つことが重要です。

O:機会(Opportunities)の例

機会(O)は、外部から自社を見た際に、自社にとってチャンスとなる要素を探すことで見つけることができます。
自社の視点に偏らず、外部から自社を客観的に評価することがポイントです。

・自社エリアに競合店が少ない
・同じ商品やサービスを提供する競合店が存在しない
・競合店の商品やサービス品質が自社より低い

機会を見つける作業は、自社の競争力や有利なポジションを再評価する機会でもあります。

T:脅威(Threats)の例

脅威(T)は、外部環境から自社の立場を脅かす要素を見つけることで発見できます。脅威の例には以下が含まれます。

・競合商品の需要が増加している
・業界全体の需要が縮小している
・近隣に競合店が新たに出店した

脅威は明確になっても、対処が難しいこともありますが、それに対する戦略策定が重要です。
脅威に対する適切な対応策を考えることが、自社の将来を決定づける要因となります。

外部環境分析でよく活用される分析手法

外部環境を分析する際に有用なフレームワークは、以下の2つがあります。

PEST分析

PEST分析は、自社を取り巻く外部環境における重要な要因を4つの視点から分析する手法です。これらの視点は以下の通りです。

・政治(Politics)
・経済(Economy)
・社会(Society)
・販促技術(Technology)

PEST分析はこちらから

5フォース分析

ファイブフォース分析は、自社に対する競争要因を5つの視点から評価する手法です。
以下は、それぞれの視点です。

・業界内の競合
・代替品の脅威
・新規参入者の脅威
・買い手の交渉力
・売り手の交渉力

これらのフレームワークを活用することで、外部環境の要因を体系的に把握し、戦略立案に役立つ情報を得ることができます。

5フォース分析はこちらから

3.クロスSWOT分析

内部環境と外部環境の要素を整理したら、次に「クロスSWOT分析」を実施します。
この分析は、それぞれの要素を組み合わせて、戦略的な方向性を検討するために用います。

1. 強み(S)× 機会(O): SO戦略

この戦略では、自社の強みを最大限に活かし、市場の機会を利用する方法を考案します。
例えば、「品質の高さ(S)」と「需要の多さ(O)」を組み合わせて、「品質の高さを強調した積極的なPR活動を行う」といった戦略が考えられます。

2. 弱み(W)× 機会(O):WO戦略

WO戦略では、自社の弱みを克服し、市場の機会に挑戦する方法を検討します。
例えば、「商品の生産力が低い(W)」と「商品需要の拡大(O)」を組み合わせて、「商品の生産力向上を図り、販売を拡大する」戦略が考えられます。

3. 強み(S)× 脅威(T): ST戦略

ST戦略では、自社の強みを活かして競争の脅威を回避する方法を考案します。
例えば、「品質の高さ(S)」と「商品需要が縮小している(T)」を組み合わせて、「品質の高さを強調し、市場縮小にもかかわらず生き残る」戦略が考えられます。

4. 弱み(W)× 脅威(T): WT戦略

WT戦略では、自社の弱みを認識し、競争の脅威への対策を講じる方法を検討します。
例えば、「商品の生産力が低い(W)」と「商品需要が縮小している(T)」を組み合わせて、「ポジションが取れない場合、事業撤退を検討する」戦略が考えられます。

これらの戦略アプローチは、SWOT分析を通じて、自社の現状を客観的に把握し、戦略立案に役立つ手法です。

Litのマーケティング
MARKETING

マーケティング分析は、企業が市場状況や競合動向などのデータを収集・解析し、これを基にマーケティング戦略を構築するプロセスです。

顧客の需要や傾向を理解し、競合他社との違いを見極め、効果的な広告や価格戦略を策定します。 市場調査や競合分析を通じて企業は、市場の潜在的なニーズを把握し、ターゲットセグメントを特定します。この情報をもとに、企業は効果的なマーケティング戦略を展開し、変化する市場環境に対応する能力を高めます。

Lit(リット)株式会社では、電通出身のマーケターが、お客様のビジネス状況を把握した上で、 本質的な問題を可視化し、効果的な解決方法をご提案します。

クライアントの事業規模やフェーズ、強みを理解し、クライアントのビジネス成長のための「マーケティング伴走支援」をご提供いたします。

Litのマーケティング
  • PEST分析
    PEST analysis

    PEST分析は、政治、経済、社会、技術の要因を評価し、企業の外部環境への影響を理解する分析手法です。

  • 5フォース分析
    5 force analysis

    5フォース分析は、競争状況を把握し、業界の魅力や競合力を評価す分析手法です。

  • 3C分析
    3c analysis

    3C分析は、顧客、競合、企業自体の要素を分析し、戦略策定に活用する分析手法です。

  • バリューチェーン分析
    value chain analysis

    バリューチェーン分析は、企業の活動を原材料から顧客への製品提供まで詳細に分析し、付加価値の源泉を特定する分析手法です。

  • SWOT分析
    SWOT analysis

    SWOT分析は、企業の強み、弱み、機会、脅威を整理し、戦略策定に役立てる分析手法です。

  • STP分析
    STP analysis

    STP分析は、市場をセグメント化(分割)、ターゲットを選択し、ポジショニング戦略を立てるマーケティング手法です。

  • 4P分析
    4P analysis

    4P分析は、製品(Product)、価格(Price)、販売促進(Promotion)、場所(Place)の4つの要素を戦略的に管理するマーケティング手法です。

  • ファネル分析
    funnel analysis

    ファネル分析は、顧客の購買プロセスを意味し、意識から購買までの段階を追跡してセールスパイプラインを最適化する分析手法です。

  • ワークショップ
    workshop

    集団、組織でアイデアを出し合い、問題解決や学習を行うイベントや会議の形式。