STP分析|Lit(リット)株式会社|戦略立案から施策実行まで総合的なマーケティング支援

STP analysis
STP分析

STP分析
STP analysis

「STP(エスティーピー)分析」とは、Segmentation(セグメンテーション)、Targeting(ターゲティング)、Positioning(ポジショニング)の3つの英単語の頭文字から成る分析方法です。

この手法は、マーケティングにおいて主要なフレームワークの一つであり、アメリカの経営学者であるフィリップ・コトラー氏によって提唱されました。

新規事業を展開する際、自社およびその製品が市場においてどのような位置にあるのかを明確にすることは、その後のマーケティング戦略を計画し、実行する際に非常に重要です。

SWOT分析

STP分析
STP analysis

STP分析を行う際には、まず
「S:セグメンテーション」によって市場全体の概要を理解し、次に
「T:ターゲティング」においてその中から焦点を当てるべき市場を特定し、
「P:ポジショニング」によって競合他社との相対的な位置を確立する
というステップが一般的です。

SWOT分析

S:セグメンテーション(Segmentation)

市場セグメンテーションは、共通の要素に基づいて市場を細分化するプロセスを指します。
通常、消費財市場と生産財市場に分けられます。

消費財市場は、個人や家庭で使用される財やサービスに焦点を当てており、以下の4つの軸に基づいて分類されます。

・人口動態軸:年齢、性別、家族構成、職業など。
・地理軸:地域、人口密度、文化、行動範囲など。
・社会心理学軸:ライフスタイル、価値観、パーソナリティ、購買動機など。
・行動軸:購買活動、購買心理、購買契機など。

生産財市場は、生産プロセスに使用される財やサービスを対象とし、以下の4つの軸に基づいて分類されます。

・人口軸(業種、企業規模、地域など)
・オペレーティング軸(使用頻度、使用量、顧客の能力など)
・購買アプローチ軸(購買方針、購買意欲など)
・状況要因軸(緊急性、受注量など)

このセグメンテーションプロセスにおいて、市場をどれだけ細分化するか、どの視点を重視するかは重要な判断です。
特に消費財市場では多様な消費行動が存在し、適切なセグメンテーションの難しさがあります。

セグメンテーションを行う際には、対象市場の規模が自社の戦略に合致しているか、自社の強みを最大限に活用できる市場であるかなどを検討することが重要です。

T:ターゲティング(Targeting)

ターゲティングは、細分化された市場の中から、自社が焦点を当てる市場を選定するプロセスを指します。
この際、自社の製品の強みを最大限に活かせる市場や、自社のブランドイメージやコンセプトに合致する市場を選択することが一般的です。

ターゲティングには以下の3つの主要な手法があります。

・集中型マーケティング

選択した市場を重点的に対象とし、リソースを集中的に投入する手法です。
市場を絞り込むことで、特定の顧客層に重点的にアプローチできます。高級ブランドやニッチ市場など、特定のファン層を持つ製品に適しています。

・差別型マーケティング

セグメンテーションに基づいて細分化された市場に、それぞれ異なる製品やアプローチを提供する手法です。
複数の市場に向けて異なるニーズに合致する製品を提供します。たとえば、異なる料金プランやカスタマイズされた機能を提供することが考えられます。

・無差別型マーケティング

セグメンテーションに基づいた市場の違いを無視し、同じ製品やアプローチをさまざまな市場に提供する手法です。一般的には大企業や一般消費財市場などで使用されます。幅広い顧客にアプローチすることから、一貫性のあるブランドイメージを維持するために有効です。

以上のターゲティング手法を検討する際には、自社の戦略や資源、製品特性に合わせて最適な方法を選択することが重要です。

P:ポジショニング(Positioning)

ポジショニングは、ターゲット市場を選択した後に行われるプロセスで、競合他社との関係から自社の独自の立ち位置を確立するための活動です。
この段階では市場における競合他社の価格、機能、品質などの情報を詳細に調査し、自社製品と競合他社の製品とを比較・分析します。
その結果をもとに、自社製品の優位性や特長を明確にします。

通常、このプロセスでは、ポジショニングマップと呼ばれる二次元の図を活用します。
このマップのX軸およびY軸に競合他社と比較する軸を設定し、自社製品と競合他社の位置を可視化します。
競合比較の要因としては、価格、品質、店舗数、販売チャネルなどがあります。

ポジショニングを行う際には、データに基づいた分析を重視し、主観的な判断を避けることが重要です。
また、多くの指標を同時に比較するのではなく、焦点を絞った分析を行うことが効果的です。
適切なポジショニングにより、市場での競争優位性を確立し、顧客に自社製品の独自性を伝えることが可能となります。

Litのマーケティング
MARKETING

マーケティング分析は、企業が市場状況や競合動向などのデータを収集・解析し、これを基にマーケティング戦略を構築するプロセスです。

顧客の需要や傾向を理解し、競合他社との違いを見極め、効果的な広告や価格戦略を策定します。 市場調査や競合分析を通じて企業は、市場の潜在的なニーズを把握し、ターゲットセグメントを特定します。この情報をもとに、企業は効果的なマーケティング戦略を展開し、変化する市場環境に対応する能力を高めます。

Lit(リット)株式会社では、電通出身のマーケターが、お客様のビジネス状況を把握した上で、 本質的な問題を可視化し、効果的な解決方法をご提案します。

クライアントの事業規模やフェーズ、強みを理解し、クライアントのビジネス成長のための「マーケティング伴走支援」をご提供いたします。

Litのマーケティング
  • PEST分析
    PEST analysis

    PEST分析は、政治、経済、社会、技術の要因を評価し、企業の外部環境への影響を理解する分析手法です。

  • 5フォース分析
    5 force analysis

    5フォース分析は、競争状況を把握し、業界の魅力や競合力を評価す分析手法です。

  • 3C分析
    3c analysis

    3C分析は、顧客、競合、企業自体の要素を分析し、戦略策定に活用する分析手法です。

  • バリューチェーン分析
    value chain analysis

    バリューチェーン分析は、企業の活動を原材料から顧客への製品提供まで詳細に分析し、付加価値の源泉を特定する分析手法です。

  • SWOT分析
    SWOT analysis

    SWOT分析は、企業の強み、弱み、機会、脅威を整理し、戦略策定に役立てる分析手法です。

  • STP分析
    STP analysis

    STP分析は、市場をセグメント化(分割)、ターゲットを選択し、ポジショニング戦略を立てるマーケティング手法です。

  • 4P分析
    4P analysis

    4P分析は、製品(Product)、価格(Price)、販売促進(Promotion)、場所(Place)の4つの要素を戦略的に管理するマーケティング手法です。

  • ファネル分析
    funnel analysis

    ファネル分析は、顧客の購買プロセスを意味し、意識から購買までの段階を追跡してセールスパイプラインを最適化する分析手法です。

  • ワークショップ
    workshop

    集団、組織でアイデアを出し合い、問題解決や学習を行うイベントや会議の形式。