5フォース分析|Lit(リット)株式会社|戦略立案から施策実行まで総合的なマーケティング支援

5 force analysis
5フォース分析

5フォース分析
5 force analysis

多くの企業は、完全な独占状態を除き、競争の激しい環境で事業展開しています。
競争の中で、企業はさまざまな壁に直面し、自社の存在を脅かされることがあります。

ビジネスにおける障壁を把握するために利用されるのがファイブフォース分析です。
この分析手法は、どのような壁が存在し、競争環境にどのような要素が影響を与えているかを理解するのに役立ちます。

solution

5フォース分析
5 force analysis

5フォース分析の対象としては以下が挙げられます。
・業界内での競争
・業界への新規参入者
・代替品の存在
・買い手(顧客)の交渉力
・売り手(サプライヤー)の交渉力

これらの要素は、すべて企業にとって外部からの脅威であり、収益に直結する重要な要素です。
5フォース分析では、競争の激しさが収益性に影響を与えるという理論が基本的な前提です。
競争が激しい状況では収益性が低下し、競争が制限されている場合には収益性が向上する傾向があります。

したがって、5つの脅威を分析する際には、収益性を左右する要因を詳細に検討し、新規参入が収益性にどのような影響を与えるか、またどのような戦略が収益性を確保するのに適しているかを考察することが重要です。そして、これらの洞察をもとに具体的な戦略を展開していくことが求められます。

1 業界内での競争

業界内競争は競合他社との直接的な争いを指します。競争が存在すると収益性が低下することが通例です。
企業は独自性の高い商品やサービスを提供し、他社との差別化を図りますが、特許などで保護されていない限り、独自の製品開発は困難です。
競合社の増加は競争を激化させます。また、業界全体の規模が小さいか低成長である場合、供給が飽和状態になり、競争が一層激しくなる傾向があります。

分析すべきポイントは自社含む競合他社の数や知名度、ブランド力、資金力です。業界全体の規模や成長率も分析対象です。

2 業界への新規参入者

業界への新規参入の容易さは業界によって異なります。
異業種からの参入が容易な場合、参入者が増え価格競争が起こり、収益性が低下します。
一方、参入のハードルが高い場合、収益性を確保できる魅力的な業界とみなされます。
市場規模や参入者の技術レベル、ブランド力の影響を見極めることが重要です。

3 代替品の存在

代替品の存在は、自社の製品・サービスに代わる価値を持つものです。同業他社の競合製品とは異なり、業界外からの脅威です。代替品との質や価格差、乗り換えの手間やコストなどを分析します。低価格で高品質な代替品が現れると、業界全体の収益を脅かす大きな脅威となります。

4 買い手(顧客)の交渉力

買い手の交渉力は、消費者や顧客といった買い手と企業との力関係を指します。
競合が増え、価格競争が激化すれば「買い手市場」となり、自社の収益性が低下します。

市場規模や競合他社の状況とともに、自社製品の価格設定がポイントです。
適切な価格競争を行い、無理な値引き競争に陥っていないかを確認することが重要です。

5 売り手(サプライヤー)の交渉力

売り手の交渉力は、売り手(サプライヤー)と企業との力関係を指します。
製造業では原材料のサプライヤーや、販売業では卸売業者との関係性が収益性に影響します。

これは顧客との関係と同様で、同等品や同価格の商品を提供する売り手が多ければ企業の力は強まりますが、逆になると売り手が主導権を握ります。
市場規模や売り手の数、関係性、サプライヤー変更に伴うコストなどが重要な要素です。

Litのマーケティング
MARKETING

マーケティング分析は、企業が市場状況や競合動向などのデータを収集・解析し、これを基にマーケティング戦略を構築するプロセスです。

顧客の需要や傾向を理解し、競合他社との違いを見極め、効果的な広告や価格戦略を策定します。 市場調査や競合分析を通じて企業は、市場の潜在的なニーズを把握し、ターゲットセグメントを特定します。この情報をもとに、企業は効果的なマーケティング戦略を展開し、変化する市場環境に対応する能力を高めます。

Lit(リット)株式会社では、電通出身のマーケターが、お客様のビジネス状況を把握した上で、 本質的な問題を可視化し、効果的な解決方法をご提案します。

クライアントの事業規模やフェーズ、強みを理解し、クライアントのビジネス成長のための「マーケティング伴走支援」をご提供いたします。

Litのマーケティング
  • PEST分析
    PEST analysis

    PEST分析は、政治、経済、社会、技術の要因を評価し、企業の外部環境への影響を理解する分析手法です。

  • 5フォース分析
    5 force analysis

    5フォース分析は、競争状況を把握し、業界の魅力や競合力を評価す分析手法です。

  • 3C分析
    3c analysis

    3C分析は、顧客、競合、企業自体の要素を分析し、戦略策定に活用する分析手法です。

  • バリューチェーン分析
    value chain analysis

    バリューチェーン分析は、企業の活動を原材料から顧客への製品提供まで詳細に分析し、付加価値の源泉を特定する分析手法です。

  • SWOT分析
    SWOT analysis

    SWOT分析は、企業の強み、弱み、機会、脅威を整理し、戦略策定に役立てる分析手法です。

  • STP分析
    STP analysis

    STP分析は、市場をセグメント化(分割)、ターゲットを選択し、ポジショニング戦略を立てるマーケティング手法です。

  • 4P分析
    4P analysis

    4P分析は、製品(Product)、価格(Price)、販売促進(Promotion)、場所(Place)の4つの要素を戦略的に管理するマーケティング手法です。

  • ファネル分析
    funnel analysis

    ファネル分析は、顧客の購買プロセスを意味し、意識から購買までの段階を追跡してセールスパイプラインを最適化する分析手法です。

  • ワークショップ
    workshop

    集団、組織でアイデアを出し合い、問題解決や学習を行うイベントや会議の形式。