ファネル分析|Lit(リット)株式会社|戦略立案から施策実行まで総合的なマーケティング支援

funnel analysis
ファネル分析

ファネル分析
funnel analysis

ファネル分析は、消費者の購買プロセスを細かく分析し、どの段階で問題が発生しているかを把握するための手法です。

商品やサービスの認知から実際の購入に至るまでの段階を、漏斗のような形に表現し、各段階でどれだけの顧客が離れていくかを評価します。

このファネル分析を通じて、課題を効果的に特定し、コンバージョン率を向上させるための戦略を策定することが可能です。

ファネル分析

ファネル分析
funnel analysis

ファネル分析は、購買プロセスが複雑で、課題の特定が難しい場合に非常に役立つツールです。

主に、高額な消費財のBtoC市場や、BtoB市場の場合、顧客が認知から購入までに長い時間を要するケースで活用されることが一般的です。

企業が顧客に対して提供する商品やサービスが高額で、顧客の検討や決定に時間がかかる場合、ファネル分析は非常に重要です。また、営業活動や人材採用など、ゴールまでのプロセスが長い場合でも、ファネル分析を適用することで、どの段階で顧客や候補者が離脱してしまうかを特定できます。

さらに、サブスクリプション型ビジネスモデルでは、契約後の継続率を追跡する必要があるため、ファネル分析が特に適しています。このような長期のビジネスプロセスを持つビジネスでは、ファネル分析を通じて改善点を見つけ、収益性を向上させることが可能です。

消費者購買行動のプロセス

ファネル分析の種類

特に有用性の高いファネルとして、以下3種類のファネルが挙げられます。

・パーチェスファネル
・インフルエンスファネル
・ダブルファネル

・パーチェスファネル

パーチェスファネルは、購入が消費者の最終ゴールであり、その達成までの消費行動プロセスを図式化する、ファネル分析の基本的な手法の一つです。

通常、消費者の購買プロセスを「認知」「興味・関心」「比較・検討」「購入」の4つの段階に分割し、各段階での消費者数の変化を可視化します。
この分析手法は、特にマーケティング部門や営業部門で幅広く活用されています。

ただし、ビジネスモデルによっては、購入や申し込み後の継続的な利用や契約継続率も非常に重要な要因となります。
そのため、パーチェスファネルは、一度の購入がゴールとなる買い切り型ビジネスモデルに特に適していると言えます。

・インフルエンスファネル

インフルエンスファネルは、消費者が商品やサービスを購入した後の行動に焦点を当て、そのプロセスを図式化したものです。

ここでの「インフルエンス」は、消費者が他の人々に与える影響力や商品に対する評判、意見などを指します。
具体的には、インターネットやソーシャルメディアを通じて行われるレビュー投稿や口コミ共有などが含まれます。

インフルエンスファネルは、商品やサービスの利用が定着し、消費者がその経験を他の人々と共有し、良い評判を発信する段階を可視化するのに役立ちます。
そのため、解約率や顧客のライフタイムバリュー(LTV)などの指標を追跡し、顧客満足度やロイヤルティの向上に貢献するカスタマーサクセス部門でよく使用されます。

・ダブルファネル

ダブルファネルは、パーチェスファネルとインフルエンスファネルを組み合わせて、より効果的な指標を提供し、全体の効率を向上させるための分析手法です。

具体的には、ダブルファネルは消費者が商品やサービスを認知する段階から購入後、他の消費者に影響を与えるまでのプロセスを図で示します。
これにより、購入率(コンバージョン)から継続率(リテンション)などの広範なフェーズで課題を特定することが可能です。

通常、購入前と購入後のプロセスを別々に分析すると、各段階での対策が部分的になりがちです。
しかし、ダブルファネルを使用することで、全体のプロセスから本当に重要な課題を抽出できます。

このようなダブルファネルは、営業やカスタマーサクセスなど、複数の部門で使用できるツールとして有用です。

Litのマーケティング
MARKETING

マーケティング分析は、企業が市場状況や競合動向などのデータを収集・解析し、これを基にマーケティング戦略を構築するプロセスです。

顧客の需要や傾向を理解し、競合他社との違いを見極め、効果的な広告や価格戦略を策定します。 市場調査や競合分析を通じて企業は、市場の潜在的なニーズを把握し、ターゲットセグメントを特定します。この情報をもとに、企業は効果的なマーケティング戦略を展開し、変化する市場環境に対応する能力を高めます。

Lit(リット)株式会社では、電通出身のマーケターが、お客様のビジネス状況を把握した上で、 本質的な問題を可視化し、効果的な解決方法をご提案します。

クライアントの事業規模やフェーズ、強みを理解し、クライアントのビジネス成長のための「マーケティング伴走支援」をご提供いたします。

Litのマーケティング
  • PEST分析
    PEST analysis

    PEST分析は、政治、経済、社会、技術の要因を評価し、企業の外部環境への影響を理解する分析手法です。

  • 5フォース分析
    5 force analysis

    5フォース分析は、競争状況を把握し、業界の魅力や競合力を評価す分析手法です。

  • 3C分析
    3c analysis

    3C分析は、顧客、競合、企業自体の要素を分析し、戦略策定に活用する分析手法です。

  • バリューチェーン分析
    value chain analysis

    バリューチェーン分析は、企業の活動を原材料から顧客への製品提供まで詳細に分析し、付加価値の源泉を特定する分析手法です。

  • SWOT分析
    SWOT analysis

    SWOT分析は、企業の強み、弱み、機会、脅威を整理し、戦略策定に役立てる分析手法です。

  • STP分析
    STP analysis

    STP分析は、市場をセグメント化(分割)、ターゲットを選択し、ポジショニング戦略を立てるマーケティング手法です。

  • 4P分析
    4P analysis

    4P分析は、製品(Product)、価格(Price)、販売促進(Promotion)、場所(Place)の4つの要素を戦略的に管理するマーケティング手法です。

  • ファネル分析
    funnel analysis

    ファネル分析は、顧客の購買プロセスを意味し、意識から購買までの段階を追跡してセールスパイプラインを最適化する分析手法です。

  • ワークショップ
    workshop

    集団、組織でアイデアを出し合い、問題解決や学習を行うイベントや会議の形式。