デザイン/プロトタイプ作成|Lit(リット)株式会社|戦略立案から施策実行まで総合的なマーケティング支援

Design / Prototyping
デザイン/プロトタイプ作成

デザイン/プロトタイピング
Design / Prototyping

ウェブサイトの制作プロセスにおいて、驚くべきことに、しばしば余計な機能が組み込まれてしまうことがあります。
たとえば、チャット機能を導入すると決定したものの、実際には即時のコミュニケーションが必要ではなく、メール機能だけで十分であったり、高度な検索ロジックを組み込んだものの、ユーザーにはほとんど利用されない機能であったりといった具体例が挙げられます。

このような不要な機能が生まれる背景には、内部の視点に偏り、ユーザーの視点が欠落してしまうこと、細かな機能要件に焦点を当てすぎて本来の目的を見失ってしまうこと、プロジェクトメンバー間での共通認識が揺れ動いてしまうことなどが挙げられます。

結果として、リリースが迫るか、あるいはリリース後になってから、「この機能はやはり不必要だったのでは?」「この機能がユーザーの行動を妨げ、CVRが低下している」といった問題が発生し、無駄な修正コストと修正リソースが浪費されてしまいます。

もしも開発前に不要な機能を見極める手段があれば、開発コストを削減し、よりユーザーフレンドリーなウェブサイトに仕上げることができるでしょう。その解決策が、
プロトタイプの作成と構築です。

solution

デザイン/プロトタイピング
Design / Prototyping

Litでは、新しいウェブサイトを制作したりリニューアルを行う際に、デザインやユーザー導線を事前に確認し、適切なUI/UXを実現することが非常に重要だと考えています。

そのために、プロトタイプやモックアップを制作し、開発作業前に不要な機能を発見し、またユーザビリティ向上に寄与するディテールの改善を行います。

完成イメージを視覚的に表現するモックアップは、デザインをどのようにすべきかを決定する手助けをします。
事前に決めていた要件定義やワイヤーフレームでは見逃していたビジュアル面での課題や修正点を発見し、ユーザーインターフェースの改善に寄与します。

そしてモックアップでデザインイメージを確定させた後に、操作性を確認するためのプロトタイプを構築します。
プロトタイプではより本番に近い操作性を確認でき、ユーザーエクスペリエンスの改善に寄与します。

これらのステップを踏むことで、関係者間での共通認識が生まれ、認識違いによる修正・改修といった二度手間をなくすことができます。また不要な機能を見つけ出すことにより、開発コストの削減に繋がり、最終的にユーザビリティの高いウェブサイトが完成するのです。

クリエイティブ
CREATIVE

カッコいいサイトをただ作るだけでは意味がありません。
サイトを構築する際は戦略立案、ペルソナ分析、競合分析、編集部体制、コンセプトワーク、SEO対策、内部構想など
サイトを構築する基盤を整えてから構築しなければ、元も子もありません。
Litではサイトを制作する上でしっかりとクライアントにヒアリングし、サイトマップ設計を整えてから
クリエイティブ開発へ移ります。

  • デザイン/プロトタイプ作成
    Design / Prototyping

    本番に近いプロトタイプを制作することで、デザインや機能の正確な確認・調整 が可能。さらに後々のコスト削減にも繋がります。

  • インタビュー/コンテンツ制作
    Interview/content

    クライアントの伝えたい内容、想いを直接ヒアリングしページコンテンツの作成 を行います。

  • SEO内部対策
    SEO internal measures

    ヒアリングした内容をもとに、SEO対策・SEO内部設計・キーワード設計をおこ ないます。

  • キャンペーンサイト/LP制作
    Campaign LP

    ユーザーの態度変容を起こし、効果を最大限に発揮させるためのプランニング 〜運用までをおこないます。

  • レスポンシブ(スマホ化)対応
    Responsive compatible

    本番に近いプロトタイプを制作することで、デザインや機能の正確な確認・ 調整が可能。さらに後々のコスト削減にも繋がります。

  • 多言語対応
    Multilingual

    海外拠点のある方、海外展開をお考えの方は多言語でのサイトページの準備が 必要です。多言語での対応が必要な方もお任せください。